協会について
スクールプログラム
教本・教材
スクール&ショップ
トピックス
フォト・トピックス

レスキューコース

Cカード再発行
ADS海外グループ
ENGLISH
リンク集
お問い合せ

レスキュー・コースのご案内

レスキューコースは、基礎のスキルを持つダイバーが安全に水中世界を
楽しむために必要不可欠な知識や技術を身につけるコースです。
事前に危険を発見したり回避すること、起きたトラブルを最小限に留める方法など
を学びます。自分自身のみならず共に楽しむ仲間のためにも役立ちます。

《参加の条件》

オープンウォーター・ダイバー以上であれば、どなたでも参加できます。

《コースの概要》

  1. 事前のトラブル発見方法と解決方法
  2. 水面・水中での救助方法
  3. 捜索方法と回収の方法
  4. CPRの知識と実技
  5. セルフレスキューとバディーレスキュー
  6. 事故対策(安全管理・法律を含む)

セルフレスキュー・コースのご案内

この新コースは、ダイバーそれぞれのランクに相応する安全管理スキルで、
自分自身でリスク回避が可能になることを目標に準備されています。

ダイバーの多くは、既に講習中に安全管理のスキル・トレーニングは
修了していると思いますが、過去に予想外のトラブルやアクシデントに遭遇し、
その危険回避には先輩ダイバーや近くにいたインストラクターの手助けが
有ったことと思います。
安全面で自己管理に不足を感じていたら、このコースでダイビング・スキルを
補いましょう。

このコースをお薦めしたい方

※下記項目の予防や解決に、少し不安を感じたり自信がないダイバーへは
受講を推奨します。
【マスク】

マスク内を良く洗いクモリ止め液で処理をしが、少し経過するとガラス内面が
クモリ視界不良で気になるが原因と予防は?

【ゲージ】

潜水中高圧ホースのカシメ部からの空気漏れを発見した時にはどのように
対処しますか。

【エントリー】

入水直後の移動で波浪や潮流に翻弄され進めない時の対処

【潮流、海流、波浪】

バディーと浮上したら予想外の流れでボートから遠ざかる漂流のトラブル対処

【技術不足】

水中で進行方向が不明で困惑した時の対処

【認識不足】

減圧症の発生原因、症状、予防に関しての知識は問題ないですか。

【ローカル・ルール(地域・国・個別)】

行動許容範囲に地域的な違いがある場合は、どの基準を優先しますか。

※上記は課題の一例で、行動パターンや所持ランクに応じて、
スキルアップ項目が準備されています。

コースへの参加条件

  1. 年齢12歳以上
  2. 全てのADSスクーバー・ランクのCカード所持者
  3. 他団体のCカード所持者は、同等以上のスキルに準じて参加できます。
  4. 指導を担当するADSインストラクターが認めたCカード所持者
 
協会について スクール
プログラム
教本・教材 スクール
&ショップ
トピックス フォト
トピックス
Cカード
再発行
ADS海外
グループ
ENGLISH リンク集 お問い合せ

COPYRIGHT(C) 2001 Association of Diving School International